2017年 08月 05日
夏の熱中症対策
熱中症予防のポイント
暑さ対策
・室温は28度を超えないように、エアコンや扇風機を使いましょう。
・外出するときは涼しい服装で、日よけ対策をしましょう。
・無理をせずに適度に休憩しましょう。
・暑さに体を慣らしていきましょう。
脱水対策
・たくさんの汗をかいたら、のどが渇いていなくてもこまめに水分と塩分を補給しましょう。
・水分と塩分を素早く補給できる経口補水液をうまく使いましょう。
・日頃から栄養バランスの良い食事と体力作りをしましょう。

熱中症の症状が出たときは
・涼しい場所へ移動し、衣服をゆるめ、安静に寝かせる。
・エアコンをつける、扇風機やうちわなどで風を当て、体を冷やす。 
   脇の下、太もものつけねなどを冷やすと効果的です。
   口から飲めるのならば経口補水液やスポーツドリンク、なければお茶や水をとらせる  


[PR]

by yonekura-clinic2 | 2017-08-05 09:29


<< 診察時間のご案内      夏季休暇のお知らせ >>