2017年 04月 14日
帯状疱疹の予防のためにできることがあります。
痛みなどの治療に難渋していた帯状疱疹を、ワクチンで予防できるようになりました。また、日頃から体調管理を心がけ、免疫力を低下させないことも大切です。
※帯状疱疹の発症率は、50歳代から急激に高くなります。

帯状疱疹の予防には、子どもの水ぼうそう(水痘)予防に用いられるワクチンと同じワクチンを使用します。50歳以上の方を対象とし、皮下に1回接種します。
※予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。

当クリニックでは予防接種を実施しております。接種を希望される方は来院又はお電話にてご予約ください。
[PR]

by yonekura-clinic2 | 2017-04-14 10:31


<< ゴールデンウィーク休みのお知らせ      3月31日までに接種が必要な予... >>